肝斑って?

肝斑は30~40歳代の女性に多く、両頬骨に輪郭がなくモヤっと現れるシミ。(額や口の周辺にもできることがあります)
色素斑(シミ)の一つで、形が肝臓に似ていることから、この名前が付いたそうな。

【原因】
肝斑は女性ホルモンと関わりがあるとされており、妊娠中やピルの使用によってホルモンバランスに変化があったときに発生したり、女性ホルモンのバランスが崩れると、メラノサイトが活性化されて黒色メラニンが多く作り出され、それがシミとなって現れたのが肝斑です。
また、精神的なストレスによってホルモンバランスが崩れることが影響する場合や、過度のマッサージなどの物理的な刺激でも悪化することがあります。
症状が見られるのは30~50歳代後半までと言われており、その後、閉経と共にだんだん薄くなったり、消える傾向にあります。
60歳を過ぎると、自然治癒に向かう疾患と言われてますので、高齢者では、ほとんど肝斑は発症しません。

【治療法】
トラネキサム酸の服用が1番です。
内服薬の場合、その有効成分は血流にのって皮膚の隅々まで行き渡るので、表皮の深い部分にあるメラノサイトに効果を発揮してくれます。
トラネキサム酸のイオン導入や、ドクターズコスメのゼオスキンヘルスを併用するとさらに効果的!

肝斑かどうかの見極めはとっても難しいから、自己判断せずに知識豊富なみー先生に相談してください♪
一緒に根気強く治していきましょう。

関連記事

  1. 美肌の定義って?

  2. しみって何?原因は?

  3. 肌老化の原因は?